Home » 新版 風の又三郎 (Annotated) by 宮沢賢治
新版 風の又三郎 (Annotated) 宮沢賢治

新版 風の又三郎 (Annotated)

宮沢賢治

Published
ISBN :
Kindle Edition
40 pages
Enter the sum

 About the Book 

内容紹介大正昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。生前未発表。初出は「宮沢賢治全集」第三巻[文圃堂書店、1934(昭和9)年]。賢治の代表作の一つ。夏休みが終わった九月一日、二百十日の風の日に、教室へやってきた赤毛の男の子と嘉助たちとの葛藤と友情の話。嘉助が、赤毛の男の子ことを「風の又三郎」と呼び、先生が、「高田三郎君」だと紹介してくれる形態。ギャングエイジのあやうさと連帯感を軸にした爽やかな作品内容紹介宮沢賢治の童話の代表作のひとつ。More内容紹介大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。生前未発表。初出は「宮沢賢治全集」第三巻[文圃堂書店、1934(昭和9)年]。賢治の代表作の一つ。夏休みが終わった九月一日、二百十日の風の日に、教室へやってきた赤毛の男の子と嘉助たちとの葛藤と友情の話。嘉助が、赤毛の男の子ことを「風の又三郎」と呼び、先生が、「高田三郎君」だと紹介してくれる形態。ギャングエイジのあやうさと連帯感を軸にした爽やかな作品内容紹介宮沢賢治の童話の代表作のひとつ。山間の学校に転校してきた風の精のような又三郎と生徒たちの爽やか交流を描く。「どっどど どどうど どどうど どどう 青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんもふきとばせ・・・」の出だしで有名な宮沢賢治の代表的作品。山あいの小さな分教場に変わった風貌の転校生高田三郎が現れた。風がどうとなる中で現れたのでみんなは彼を、伝説の風の精”風の又三郎”だと思った。最初はお互い緊張していたが、やがて打ち解け、高原の野原で馬追いに興じたり、川で発破漁に遭遇して魚を捕ったりして遊んだ。喧嘩したり、霧の中で遭難しかかったり、不思議な体験もした。しかし、又三郎が転校し